FGF(線維芽細胞成長因子)の役割と美容効果

Fibroblast Growth Factorの頭文字を取ってFGFと呼ばれています。

FGFは線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンエラスチンを生成するように指示を出す生体分子です。

また近年、VEGFと同じように血管新生を促す作用があることも分かってきました。

幹細胞番長幹細胞番長

褥瘡や皮膚潰瘍の治療薬としても利用されるなど、皮膚に関わる様々な治療に用いられています。

 

肌のハリを支えている生体分子であるコラーゲンやエラスチンを増やすので、首のしわや下まぶたのたるみなどの改善に効果が期待できます。

幹細胞番長幹細胞番長

ちなみに京都大学の山中教授がiPS細胞を作る際に素にしたのが、線維芽細胞です。